扶養の範囲で働きたい

看護師の免許を持っていても、旦那さんの扶養の範囲で働きたいと言う人が結構いるものです。その様なニーズに合わせた看護師求人も沢山あります。看護師の時間給は一般的な事務職員に比べて高い水準にありますので、病院等の要請に応じて無計画に働いてしまうとあっという間に扶養範囲である103万を超えてしまうものです。

看護師求人は慢性的に不足している看護師を集めるために高給で募集されているケースが多いものです。理想を言えばその様な看護師求人に応募して毎月必要最低限だけ働いて通年での収入を抑えるのが良いのですが野党側からすれば少しでも多くいて欲しいものです。

それが看護師求人をする者の本音なのです。従って扶養範囲内で働きたいのであれば就職前にその希望をしっかりと伝え、自らペースを守って働くくらいの気持ちで看護師求人に応じなければなりません。 この様なニーズに合う医療機関というのも無いわけではありません。

例えば午前だけ、夕方だけと勤務時間帯を4時間程度に抑えることが出来れば比較的働きやすくなります。大病院のように24時間病院が動いているとどうしても仕事が伸びてしまうことがあるのです。看護師求人を探すときに大きな病院ではなく地元のクリニック等を探すと良いかもしれません。

多くの病院は午前中と夕方からの二部制を採用しており、それぞれの時間帯で看護師を分けているケースも珍しくありません。その様な職場を見つけることが出来れば無理なく扶養範囲内に収められるでしょう。